So-net無料ブログ作成

今週は一般質問に立ちます! [議会]

9月議会もいよいよ今週は一般質問が開かれます。
日程は、13日(火)から15日(木)の3日間。

私も、14日(水)に、7番目、一番最後に質問に
立ちます。

テーマは、①障がい者支援、②不登校について、
③子育て支援、の3点です。

どなたでも、傍聴可能です。私の登壇時間は、
およそ3時以降だと思いますが、当日、傍聴が
難しい方は、インターネットでも一週間後観る
ことができます。
詳しくは、芦屋市議会事務局までお問い合わせ
ください。

質問の詳細は、後日掲載します。

高校学区について [議会]

今日は、民生文教委員会があり、このたび県教育委員会が
発表した、高校学区の改革素案の説明がありました。

県の学区検討委員会は、これまで検討を重ねてきており、
兵庫県の現在16学区を5学区に編成替えを考えています。

とはいえ、素案に対して県民の意見を現在公募中であり、
秋ごろにも最終案がでる見込みのようです。

芦屋は、6年前、神戸第一学区と一緒になりました。
今回の素案では、神戸市全域と淡路を加えて
「神戸・芦屋・淡路学区」となっています。

この6年、芦屋の中学生にとっては、高校の選択幅が増え、
子供たちや保護者の方からも、一定の評価を得ています。

今回の案が仮に、具体化すれば現在の中学1年生から
になるかもしれません。
これからも、注視していきたいと思います。

クールアース・デーの設置を要望! [議会]

6月17日に、市長に対して「クールアース・デー」を
芦屋市でも設置し、節電するよう公明党として
要望書を提出しました。

「クールアース・デー」とは3年前、北海道洞爺湖
サミットがある前に、公明党が当時の政府に
地球温暖化の抑制や節電対策の一環として
7月7日の七夕の日をライトダウンし家庭や企業
また、自治体も率先して取り組む日として
設置されたものです。

とりわけ、本年は、大震災を受け、6月の夏至から
七夕までをライトダウンする取り組みを環境省は
発表しています。
http://coolearthday.jp/

ご家庭でキャンドルを灯して過ごすのも良いと思います。
IMG_0314.JPG

医療情報キットが実現! [議会]

昨日の議案説明会で2年前に議会で提案した「医療情報キット」の配布が
実現しました。下記にその当時の質問の一部を紹介します。

<21年9月議会の一般質問要旨>

高齢者などの見守りとして、救急医療情報キットの導入についてお伺いをいたします。
ひとり世帯が急増をしている中、万一自宅で1人のときに救急車を呼ばなくてはならない
事態に陥ったときどうするか。自分自身が混乱し、救急隊が駆けつけても自分の持病や
かかりつけ医、保険証などとっさに対応できるとは限りません。

このキットは、救急車を呼んだとき、自分自身のことを正確に伝えなければならない事柄を
1カ所にまとめておき、その対応をスムーズにするといったものです。救急医療情報キットの
中身は、健康保険証の写し、本人の確認できる写真、病院にかかっていればかかりつけ医
の連絡先、持病名、服薬中の薬名、また家族や友人などの連絡先などを一つにして
20センチメートル程度の筒の中に入れます。この筒を自宅の冷蔵庫に入れておけば出来
上がりのものです。

 ポイントは、冷蔵庫からこの筒を出せば、倒れている本人が自分のことやその状態を正確に
言えなかったとしても、この筒をあけてみれば多くの情報があり、救急隊は、より適切な処置
をすることが可能になると思います。特にこの筒を冷蔵庫に入れるというのは、冷蔵庫はどこ
の家庭にもあり、また、冷蔵庫の設置場所もおのずとわかります。また、救急隊が駆けつけても、
容易にその筒を取り出せるメリットがあります。

以上のような、質問で提案したことが、この8月ごろから、高齢者の希望者へ配布が始まります。
これからも、身近な問題に取り組んでいきます。

新議会 始動! [議会]

4月の選挙から約2か月たちました。

震災の(平成7年の阪神淡路大震災)影響もあり
新しい議会は今日から始まりました。

みなさまのお力で、新たに出発させていただいております。
本当にありがとうございます。

8年前の決意を忘れず、みなさまのお役に立てるよう
これからも頑張ってまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。





妊婦健診は助成券になります [議会]

昨日に続き、質問の一部を報告します。

先般、妊婦さんから次のような相談が
ありました。

妊婦健診が、14回、一回あたり5000円の
助成があるのはうれしい。でも、一旦病院の
窓口で支払って、出産後に、領収書を市に
提出してから、助成金が戻ってくる。
立て替えないような方法はないのか、と
いった内容でした。

神戸をはじめ、近隣市では、一回5000円
の補助券、クーポン券のようにしており、
健診の受診の都度、補助券をわたせば、
その差額で済みます。今回の質問で取り上げ
24年度からの実施に向けて検討していただく
ことになりました。

一人の声から、市政の改善につなげることが
できます。これからも、一人の声を
大切にしていきたいと思います。

介護の相談員始まる! [議会]

今日は、議会で総括質問を行いました。
総括質問とは、3月の主に予算を審議する
議会で、政党や会派の代表が市長に、市政
全般にわたって質問するものです。

私は、市政にわたって多岐の分野で質問を
しました。一回では、書ききれないので
何回かにわけて報告します。

介護については、介護相談員の設置を訴え
ました。高齢化の進展で、施設を利用する
方が増えています。利用者の中には、
さまざまな悩みを持っていても、相談できずに
悩んでいる方やその家族もいます。

介護相談員とは、事前に市に登録をした方が、施設を
定期的に訪問。利用者の相談にのる方です。
田原俊彦は、昨年議会で取り上げました。

今日の質問で、再度取り上げたところ、新年度から
市として2名採用して、相談員として活躍していただく
とのこと。いろいろな悩みや相談事にのっていただければ
と思っています。

田原俊彦は、これからも利用者だけでなく、そこでまじめに
従事されている職員さんの悩みも相談できる体制も今後
は考えていきたいと思っています。


いよいよ明日! [議会]

明日から本会議での総括質問が始まります。

私は、市政方針について、また福祉、子育てなどの
さまざまな分野について質問をする予定です。

質問の順番は3番目。午後になる予定です。
その内容は、後日報告します。
傍聴もできますし、インターネットでも配信されます。

3月議会が始まりました! [議会]

いよいよ新年度の予算審議が中心の
3月議会が始まりました。

今日は、議会運営委員会があり、会期は
3月24日までと決まりました。

また、行財政改革に関する委員会も開催
され、向こう10年間の長期の財政見込みの
説明がありました。

市税も個人所得の伸びや南芦屋浜の固定
資産税の伸びも見込まれていますが、
急激な勢いで社会保障などの伸びも大きい
現状が発表されています。

民間企業での経験を生かして、更なる行政
改革に切り込んでまいります。

市長へ要望! [議会]

IMG_0111.jpg
先日、ご報告したこども医療の助成を求める署名などの運動について
本日、山中芦屋市長へ早期実現を求める申し入れをしました。

写真は、芦屋市議会公明党3名の議員と市民の代表の方で
要望書を提出したところです。

多くの市民の方の後押しもあり、これからも早期実現に向け努力していきたい
と思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。