So-net無料ブログ作成

ラジオ体操 [地域]

夏休み恒例のラジオ体操。私が住む町内でも
先週から始まりました。
子どものころから変わらないです。呉川公園で
行っていますが、始めるまではつらいのですが、
体操をやり終えると気持ちが良いものです。
参加する呉川町の子供たちも毎年増えているようです。
2013-07-26 06.32.55.jpg

防災無線が増えます! [地域]

芦屋市では、防災行政無線(以下 防災無線)を順次整備しています。

防災無線では、災害時に避難勧告や避難指示などを大型スピーカー
を使い、住民さんに呼びかけます。現在は、市内32か所にありますが、
一部では、聞こえにくいなどの声もありました。

このたび、7か所増設されることになり、現在工事が進んでいます。
私の家のそばでは、呉川公園となります。

普段では、夕方5時には、夕焼け小焼けのメロディーが流れるように
なりますので、子供たちが家に帰る目安にもなりますね。

市の防災訓練でした [地域]

今日は、午前中、南芦屋浜で市の防災総合訓練がありました。
私は、地域の自主防災会のメンバーとして参加。他の自主防災会や
自治会の方々と一緒に、津波が発生した想定で、小走りで避難の訓練を
したり、段ボールを利用した「簡易ベッド」を作ったりしました。
参加者は、およそ500名以上。ちなみに明日の11月5日は、昨年できた津波対策
推進法で決まった「津波防災の日」です。
「津波防災の日」は当初、東日本大震災が発生した3月11日とする予定
でしたが、1854年の安政南海地震での「稲むらの火」の故事にちなみ、
同地震と津波の発生日の11月5日となったようです。
普段の心構えと準備は大切だと感じました。
IMG_1157.JPG

住みたい街 NO1 芦屋 [地域]

「2012年度の住んでみたい街ランキング」で芦屋は、
関西圏で2005年の調査開始以来8年連続でトップ、
と新聞各紙に報じられました。

芦屋は、美しい風景や景観、交通の利便性、
充実した商業施設などが評価されているようです。
先人方が、築いてきた芦屋の良きところを更に深め、
本当に住んでよかった街にしていきたいと思います。
ちなみに、関西圏での第二位は、西宮、三位は、夙川です。
首都圏のトップは吉祥寺だそうです。

町内で避難訓練を実施しました! [地域]

今年は、台風が多いようです。今回の台風も前回同様、
速度が遅く、長い時間雨をもたらし、各地で被害が出ています。
被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

先日、私の住む呉川町で避難訓練を実施しました。
例年、防災訓練を行っています。訓練の内容は、消火器の
使い方、放水体験、AEDの使用法などを行っていました。

今年は、津波被害を想定して、地震が起き、いったん公園に
避難した住民が、津波の危険が生じたと仮定。近くの避難所に
逃げる、という訓練です。

訓練当日、40人余りの方が、公園に集まってくださいました。
集まった方を、2班にわけ、1班は、県立芦屋高校へ避難。
2班は、援護が必要な方が、複数いると想定して、車いす
を使いながら、福祉センターへ避難しました。

参加者の感想では、実際に歩いたり、非常階段を使ったり
して大変良かったとの声を多く聞きました。
日ごろからの備えが大切です。次回は、もっと参加者が
増えるように取り組んでいきます。
IMG_0477.JPG

りんごの収穫祭 [地域]

毎日暑い日が続いています。

今日は、地元呉川町のリンゴ収穫祭でした。16年前の阪神淡路
大震災の際に、大阪のロータリークラブから呉川町に53本の
リンゴの樹が寄贈されました。

「希望リンゴ」と名付けて地元で丹念に育て、最近ではこの夏頃
には、小ぶりながらも青いリンゴができます。例年この時期に、
市長をはじめ、近くの保育園の子供たち、また介護施設を利用している
お年寄を招いて、地元の方と収穫するのです。

市の公園緑地課の方々も協力いただき、猛暑の中、たくさんの
方とおいしいりんごをいただきました。

希望リンゴを届けていただいた方や、丹念に育てていただいた方に
感謝しています。
s-IMG_0395.jpg

救急医療情報キットの配布始まる! [地域]

 昨日、あしや保健福祉フェアに参加しました。会場は、呉川町の
芦屋市保健福祉センターです。
午前中は、地域の方が集まったミーティングに参加しました。
会場は100名を超す盛況ぶりでした。

IMG_0368.jpg

会議の内容は、それぞれの地域でのコミュニティの取り組み状況
の披露と、芦屋市で始まる救急医療情報キットの説明が中心でした。
私は、以前より市議会でこの救急医療情報キットの配布を提案してきました。

自宅から、救急車を呼ぶような緊急の状態になった時に、
高齢者の中には自分の病状やかかりつけ医などの情報を的確に
救急隊に伝えられないことがあります。

このキットには、高齢者や障がいのある方の安全や安心を守るために、
かかりつけ医や持病などの医療情報や緊急連絡先などの個人情報
を容器に入れて、冷蔵庫に保管します。緊急時、救急隊員は、その
容器を開け、即座に対応できます。冷蔵庫に保管するという取り決め
があるので、誰でも容易に見つけられます。

21年市議会で、田原俊彦は、キットの配布を訴えました。このたび、
8月下旬から、自治会やマンション管理組合を通じて希望者に配布
されることになりました。
(費用は1個100円です。なおその100円は、東北へ義援金として
送られます。)

これからも誰もが安心して暮らせる仕組みづくりに取り組んでまいります。


高齢者のつどい [地域]

今日は、ルナホールで高齢者のつどいが
あり参加しました。

これは、芦屋老人クラブ連合会などが主催。
演芸を披露するフェスティバルです。

コーラスやフラダンス、太極拳などみなさん
元気で活動されています。

なかには、96歳の男性コーラスの
メンバーの方がいらっしゃいました。
背筋が伸び、堂々と歌う様子は
立派なお姿でした。

これからも、元気でご活躍を!と
思いながらエールを送りました。

東日本大震災から3か月。 [地域]

久しぶりのブログです。

東日本の大震災から3か月。
地域で、「防災セミナー」を開催しました。
芦屋市の職員さんで危機管理課長さんの
現地での報告や今後の課題をテーマに
1時間半、地域のみなさんとお話を
伺いました。

あいにくの天気でしたが、20数名の方が
集まっていただきました。

IMG_0307.JPG

このセミナーは今回で4回目。これからも
地域で、気楽に防災をテーマに皆さんと
協議したり語り合える会にしていきたいと
思います。

震災の日でした。 [地域]

毎年、阪神淡路大震災のこの日。芦屋公園に献花に訪れます。

今日は、夕方の時間になりました。昨日に比べ寒さも・・・とはいえ
冷え込んだ1日でした。

地域で防災のボランティアに携わっていますが、震災から16年。
また芦屋では、この間、市外や県外から転入されている方も多く、
当時の状況を知らない方も増えています。

防災訓練をすることも大切だと思いますが、震災体験を語り継ぐ
ことも同時に重要でしょう。

防災の取り組みも、これから考えていかねばなりません。
あのような、被災者を出さないために、また少しでも被害を
食い止めるためにも。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。