So-net無料ブログ作成
検索選択

今日は一般質問でした! [一般質問]

3期目になり、初めての一般質問でした。

今回のテーマは高齢者の施策について
6項目にわたって質問しました。
(今日から、少しづつ質問内容をお知らせします)

1番目は、高齢者生活支援センターについてです。
全国的には、地域包括支援センターと呼んでいます。

高齢者のほとんどの相談窓口であり、中学校区に
原則ひとつ設置されています。
芦屋市は、4か所あります。芦屋市の支援センターは
高齢者福祉の向上のため、多岐にわたる活動に
取り組んでおられ、高い評価となっています。

私も、ある方の相談を受けて、支援センターの職員
の方に、つないだところ、迅速にかつ的確な
対応をしていただき、感謝しています。

ただ、一般の市民の間では、今一つ認知度がありません。
認知度を上げるための方策や愛称の公募などを
聞きました。

センターとして、認知度アップの努力を続けていることや、
センター名のことは、発足当時議論があって決められたとのこと。

今回、介護保険法改正で、ますます重要な役割を担います。
これからも、今まで以上の活動を期待しています。

クールアース・デーの設置を要望! [議会]

6月17日に、市長に対して「クールアース・デー」を
芦屋市でも設置し、節電するよう公明党として
要望書を提出しました。

「クールアース・デー」とは3年前、北海道洞爺湖
サミットがある前に、公明党が当時の政府に
地球温暖化の抑制や節電対策の一環として
7月7日の七夕の日をライトダウンし家庭や企業
また、自治体も率先して取り組む日として
設置されたものです。

とりわけ、本年は、大震災を受け、6月の夏至から
七夕までをライトダウンする取り組みを環境省は
発表しています。
http://coolearthday.jp/

ご家庭でキャンドルを灯して過ごすのも良いと思います。
IMG_0314.JPG

医療情報キットが実現! [議会]

昨日の議案説明会で2年前に議会で提案した「医療情報キット」の配布が
実現しました。下記にその当時の質問の一部を紹介します。

<21年9月議会の一般質問要旨>

高齢者などの見守りとして、救急医療情報キットの導入についてお伺いをいたします。
ひとり世帯が急増をしている中、万一自宅で1人のときに救急車を呼ばなくてはならない
事態に陥ったときどうするか。自分自身が混乱し、救急隊が駆けつけても自分の持病や
かかりつけ医、保険証などとっさに対応できるとは限りません。

このキットは、救急車を呼んだとき、自分自身のことを正確に伝えなければならない事柄を
1カ所にまとめておき、その対応をスムーズにするといったものです。救急医療情報キットの
中身は、健康保険証の写し、本人の確認できる写真病院にかかっていればかかりつけ医
の連絡先、持病名、服薬中の薬名、また家族や友人などの連絡先などを一つにして
20センチメートル程度の筒の中に入れます。この筒を自宅の冷蔵庫に入れておけば出来
上がりのものです。

 ポイントは、冷蔵庫からこの筒を出せば、倒れている本人が自分のことやその状態を正確に
言えなかったとしても、この筒をあけてみれば多くの情報があり、救急隊は、より適切な処置
をすることが可能になると思います。特にこの筒を冷蔵庫に入れるというのは、冷蔵庫はどこ
の家庭にもあり、また、冷蔵庫の設置場所もおのずとわかります。また、救急隊が駆けつけても、
容易にその筒を取り出せるメリットがあります。

以上のような、質問で提案したことが、この8月ごろから、高齢者の希望者へ配布が始まります。
これからも、身近な問題に取り組んでいきます。

新議会 始動! [議会]

4月の選挙から約2か月たちました。

震災の(平成7年の阪神淡路大震災)影響もあり
新しい議会は今日から始まりました。

みなさまのお力で、新たに出発させていただいております。
本当にありがとうございます。

8年前の決意を忘れず、みなさまのお役に立てるよう
これからも頑張ってまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。





東日本大震災から3か月。 [地域]

久しぶりのブログです。

東日本の大震災から3か月。
地域で、「防災セミナー」を開催しました。
芦屋市の職員さんで危機管理課長さんの
現地での報告や今後の課題をテーマに
1時間半、地域のみなさんとお話を
伺いました。

あいにくの天気でしたが、20数名の方が
集まっていただきました。

IMG_0307.JPG

このセミナーは今回で4回目。これからも
地域で、気楽に防災をテーマに皆さんと
協議したり語り合える会にしていきたいと
思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。