So-net無料ブログ作成

真夏の環境処理センター [活動]

梅雨あけしたばかりの土曜日。浜風町にある環境処理センターの
見学に行ってきました。公明党芦屋支部の党員研修の一環です。

午後からの一番暑い時間でしたが、参加されたみなさん、また丁寧に
センター内を案内していただいた職員の方々、本当にありがとう
ございました。

普段、私たちが出すごみが、どんな風に処理されていくのか、
最初の20分程度説明を受けた後、職員さんの案内でセンター
内を見学しました。

ここ5年間は、芦屋の人口は増えているが、ごみは減少傾向に
あるとのこと。市では、市民にエコの意識が根付いていること、
また一方不景気の影響もあるのでは、と分析しているようです。

ペットボトルの保管場所では、ラベルやキャップが
ついたままのものが、約半分ぐらいありました。
環境処理センターでは、小学生の社会科見学もあるようですが、
子供たちのほうが、「取り外すしてないのはなぜ?」と疑問に感じるようです。

IMG_0337.JPG

見学終了後、ごみを焼却する際に発生する熱を何かに利用できないか?
津波があった時には、処理センターはどうなるのか?などの質問が相次ぎ、
予定時間をオーバーするほどでした。
参加者から、大変勉強になった、との声が聞かれました。

私も、改めて、ごみに対する意識を持ち直そうと、いい学びになりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。